自由な街で、自由であるために、踊り続ける in NY
New YorkでのTAP活動の様子、皆に役立つ情報なども載せていきたいなー。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Soul

CIMG3590[1].jpg



昨日は友達のRieちゃんがプロデュースするHip Hopのコンペティショ

ン、「Soul」に参加してきた。


今回で七回目のこのイベント、異国の地NYで自らイベントを取り仕切っ

て、継続し、ここまで大きく成長させてきたりえちゃんは、パワフ

ルで、マジすげーと思う。そしてもちろんとっても素敵なダンサー。


こういったコンペティションに参加するのは、今回で2回目。

昔札幌で一度挑戦してみたことがある。


その時は、クラブのすぐ近くにあるラブホテルの駐車場に車止めて、

一生懸命板運んだなー、、。 そんな滑稽な姿を他の出演者に見られな

いかと、ちょードキドキして何回も後ろを振り返った。 あはは。


でも昨日は一人じゃなく、サックスプレーヤーのセイジ君と、パフォー

マンスをした。


結果は見事に優勝することができました。 やったー。


自分的に反省することはいっぱいあるけど、結果は素直に嬉しいな。

もちろんせっかく参加するんだから、優勝を狙ってったんだけども、

厳しいだろうなー、という思いはいっぱいあった。


やはりタップダンスと他のダンスを同じ土俵の上で比べるというのは無

理があると思うし、難しいと思う。


最近知り合ったダンサーの方から、

「タップダンスのようにビジュアルで見せて、そして更にそこから音が

でてくるというのは自分らのジャンルから見たら反則なんですよね。」

と言われた。


そんな意見もありだと思う。


でもそんな自分をいちパフォーマーとして、受け入れてくれた審査員の

人たちに感謝したい。そしてもちろんお客さんにも。


とにかく今回一番伝えたかった事、

タップダンスはスゲーのだよって事。タップの尊厳のために踊りたかっ

たし、勝手に今日の自分はタップダンサーの代表として、と思って踊っ

た。


きれいごとでなく、これは個人の問題じゃなかった。


俺たちタップダンサーが人前で踊るとき、大なり小なり、人それぞれ、

責任があると思う。


特に今までタップを見たことがない人達の前で踊るとき、彼らが第一印

象として受け入れるタップのイメージは想像以上に深く心に根付く。


自分が、タップダンサーなんです。と人に自己紹介をした時に、

「あー、タップってこうですよね。 とか、こうこう、こんな感じです

よね。」とか、


その人が持つ小さい視野で語られ、嫌な思いをした事も多多ある。

これは自分だけじゃないと思うけども、、。


タップを見た人達が、いつかタップダンサーと出会ったときに、

「タップダンスってすごいですよね!」

そんな風に言われるのが当たり前になる日が来れば、とっても素敵だと

思う。


そして実際そのように日本でイメージを変えまっくっている日本人タッ

プダンサーも存在する。



タップの未来のために自分ができる小さな、小さな欠片たち。

そんなものを少しずつ積み上げて、この先も歩いて行けたらいいなー。


ピース。






スポンサーサイト

コメント

真人君。サナは本当いつも真人君の言葉に癒されるよ。
そこまでタップを愛するってなかなか出来ないでしょう。
真人君の、今までやってきたことや、今やっていることが、本当にタップの未来に繋がって、歴史の1ピースになったらすごくいいね☆
サナはそういう風に頑張っている人たちを少しでも多くの人に知らせて、サポートしたいと思うよ。
まるでイエス・キリストと12使徒のようだね。笑

とにかく、愛の溢れる真人君をリスペクト!!
&(アンド)
優勝おめでとう~!!!!
【2007/01/30 19:38】 URL | Sana #-[ 編集]
マサトさんSOULでの優勝おめでとうございます。
決戦前夜では、ドミノピザで夜遅くまで話していたのに、本番では見事結果を残して本当におめでとうございます。
めちゃくちゃ見たかったです。
マサトさんのタップへの熱い熱い思い、挑戦する姿勢、リスペクトです!!!
今度のライブ、絶対に行きます!!
【2007/01/31 15:21】 URL | dai #1olHiW.o[ 編集]
さな、

ありがとーー!  
そうだね、小さなことの積み重ねが未来を作ると思う。
俺たち一人ひとりの人間が出来る事、
個々が持つ力ってとっても微力だと思うんだけど、自分のためにやっていたことが、他人の心を豊かにして、それが少しずつ周りに伝わっていけば変わるモノもあるかもしれない。
けして完成することのないパズルも、
組み合わせていく価値はあると思うんだ。 うん。 メッセージありがとう!

Dai 君、
ありがとー!
あの夜は語ったねー。
誰もいないピザやで何時間過ごしたんだろ?? あんな時間を忘れる素敵な夜を今後もいっぱい過ごしてお互い価値のあるものにしていけたらいいねー。
Live 是非見にきてねーー!

まさと
【2007/01/31 16:42】 URL | masato #-[ 編集]
ピーーーーーーーース☆
【2007/01/31 16:45】 URL | しょ #-[ 編集]
いえーー。 ピーーーーース☆×5!
【2007/01/31 18:22】 URL | masato #-[ 編集]
すばらしーーー!!!!!
感動しました。
日本人のタップダンサーはかなり熱い人ばっかやと思います。本間に。

申し遅れましたわたくし、じゃbと言う者で大阪でタップやらせてもらっとります。

最近ちょくちょくこちら拝見させて頂いてます。
しょーこサンによろしくお伝えくださいませ。
ではまた。。
【2007/02/01 23:38】 URL | じゃべ #-[ 編集]
うぃっす。
遅くなりましたが。コンペの優勝おめでとうね!!!
たくさんのダンサーにTAPを見てもらえた、理解してもらえたってのはすごいと思うし、また会場にいたアメリカンに日本人の凄さをしらしめた? ンだと思う。
誇りに思います。
そして、感謝します。
ありがとう。

これからもそんな調子で! ねw
【2007/02/02 01:26】 URL | yoshiko #-[ 編集]
じゃべさん、

どうもありがとうございます。そうですね、ほんと日本人のタップダンサーの人はアツイなって思いますし、よく刺激を貰ってます。
大阪にもいっぱい素敵なタップダンサーいますよね。 しょうこちゃんにも伝えておきます。

よしこちゃん、

ありがとー。 そうだね、この先もっと色んな人にタップを見せていけたらなって思うよ。 日本人がやるイベントになかなかアメリカ人が足を運ばないっていう現実もあるけど、なんとかそこら辺もぶっ壊していきたいなっと思うよ。
いえーす。
【2007/02/04 18:31】 URL | masato #-[ 編集]
  まさとーーーー!!!!!
さっそくブログを拝見しました!! 頑張ってるね!  まさとがNYCでSHOWを開けるようになって本当に本当に嬉しいです。久しぶりに まさとがTAPしている姿を見て涙が出ました。
  本当に少しずつ少しずつ、一歩一歩 前進しているまさと・・・。キラキラしてるね。その歩みを止めないで、いつまでも前進し続けてください。
  初めて まさとのTAPを見たとき、必ずBIGになると思ったよ。今はその階段を確実に登ってるね。うん。 駆け足なのかどうかは本人が一番わかっているのだろうけど、もしも転んだら起き上がればいい。時には転ぶ事だって つまずく事だってある。そしたらまた立ち上がればいい。 時には友達が手を差し伸べてくれる。 その時は、その手をとればいい。  
 きっと今のまさとの周りには たくさんたくさん、階段を登っている まさとを応援してくれている素敵な友達がいるんだね。  ブログを見て安心しました。
  また覗かせてもらうね!
 ピーーーーーーーース!!!!!!!!!!! 
【2007/02/09 01:06】 URL | 裕子 #-[ 編集]
ゆうこ

ありがとう。映像の方もチェックしてくれ

たみたいで嬉しいです。

初めてゆう子の前で踊ったのはセント

ラルパークだったね。 クラスメイトもい

てさ。 あれから2年半くらいかな?

あっとう間に時は過ぎてしまったけど、

おかげさまで周りの人達の協力もあ

り、タップは続けられてる。

物事に真剣に向き合えば向き合うほ

ど、傷つく事、打ちのめされる事も多

くなるけど、そんなリスクは鼻で笑っ

て、弱い自分を受け止めて、

強くなれる自分も信じて、周りの人に

感謝して、前に進んでいけたらいいな

と思うよ。

ゆうこのアッタカイ言葉にも感謝して。

ありがとう。

ピース。



 
【2007/02/09 17:01】 URL | masato #-[ 編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

MASATO NISHITANI

Author:MASATO NISHITANI
New York でタップダンスやってます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。