自由な街で、自由であるために、踊り続ける in NY
New YorkでのTAP活動の様子、皆に役立つ情報なども載せていきたいなー。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MULTIHOP  Sat. APRIL 14th



mulc1.jpg  mulc3.jpg  malu.jpg



ブルックリンにある Galapagos Art Space

というクラブで踊ってきた。


タップダンサー、ショウコちゃん、タカ君、

同じ札幌出身のサックスフォンプレーヤー、ミホちゃんと。


このイベントにはラッパー、ビートボクサー、ボディーペインター、

ダンサー、様々なアーティストが参加した。



このイベントに参加した後は色々考えさせられた。



なんかね、今までこういったイベントやショウをNYでいっぱい

見てきたけど、いまいちピンとこないんだよね。


つまらないのが多い。


うーーん、もっといい人いっぱいいるでしょ。 みたいな、、。

俺、もっとすごい人いっぱい知ってるよ、って感じかな。


なんでそういった人達にお金払ってでもパフォーマンスしてもらわない

んだろう? 

って思う。


もっといいモノ見せてこーよ、って思う。


うん。


このNYという街はほんとうにおかしな街だ。


世界一のエンターテイメントの街なのに、今まで自分は

手放しで喜んで、あーほんと楽しかった、すごかった!

とよべるショウに出会った回数が少ない。


そしてなぜか長々とダラダラと進むショウが多い。


ソロでやるアーティストのショウ、

一流ミュージシャンのライブ、オペラ等は

また別の話なんだけど。


なんでだろうね??

ただ楽しみたくて、いいモノが見たくて会場に足を運ぶんだけど、

終わった後は友達と、「微妙だったねー。」と

感想を言い合うことが多い。


あはは。 「微妙」って最悪の表現だよね。


まあ自分も失敗してるけど。  あはは。

でも自分でわかる。

繰り返すまいと思う。


うん、とにかくすごい人はいっぱいいる。

毎日色んなところでショウも行われている。


だけど、、、。 って事なんだよね。


で、もう一個の問題点、

俺が思うに、この街でエンターテイメントの世界はある意味

堕落している。


アンダーグラウンドの層が厚すぎて、やろうと思えば誰でもショウが

できてしまう。


そしてそんな多くの人たちが、お客さんからとる入場料はとても安く、

その金銭感覚はエンターテイメントを見る側の人々の間で大衆化してし

まっている。


みんなー、いいモノにはもっとお金払おうよー、って叫びたい。

やっぱこういうのも変えてかなきゃね。

自分のレベルを上げて、いつかもっと叫ぶ。



そうそう、文頭で言いたかったこと、

マルチホップのイベントに出てねー、それ見ながら思ったんだ。


うーん、こういうもんかな、クラブイベントって。

うーん、でもやっぱなんか違う気がして、、。

んー、じゃそんなに疑問に思うなら自分で作ってみよっかって。


どんな形かまだわかんないけど、、。


ただ単純に、本当に人の心を動かせる本物のアーティストが集まって、

ただ本物を見せる。

人脈も広まったしね。


撃沈するかもしれないけど。


できれば今年中にできたらいいなーー、、、。

んん。 ってかやる。  

うん。

けっていけってい。


おう。

みんな応援してね。


なんかとってもまとまりのない文だけど、今日はこの辺で失礼します。

ではでは。


ピース。


まさと




 





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

MASATO NISHITANI

Author:MASATO NISHITANI
New York でタップダンスやってます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。