自由な街で、自由であるために、踊り続ける in NY
New YorkでのTAP活動の様子、皆に役立つ情報なども載せていきたいなー。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祝10年!!



この四月でタップを始めて丸10年になる。

10年。

何にでも熱しやすく冷めやすかった自分が続けてきたこの数字は、

とても感慨深いものがある。


これは子供の頃やっていた少林寺拳法6年、水泳3年よりも長い。


昔からとにかく体を動かすことが大好きだった。

スポーツと呼ばれるものは、ほとんどやった。

とにかく体中に満ち溢れるエネルギーをどこかに発散したくていつも

何かを探してた。

水のない家の床の上でも泳いでた(笑)


でも高校生になってから、麻雀、パチンコ、女性に溺れ、死んだような

生活を送るようになっていった。


朝はカバンに私服忍ばせてパチンコ屋行って、そこの便所で親が作って

くれた弁当食って、 放課後は皆でうちに集まって、尾崎豊 聞きなが

ら麻雀して、夜は明け方まで彼女と電話して、、、、。


いい感じで腐ってた。



そんな生活の中、たった一つだけ自分の光となったものがある。

それは演劇部。


当時男子校に入学した自分に、同じ学校で演劇部に入ってた一学年上の

兄貴が、

「演劇部に入れば他校との交流もいっぱいあって絶対彼女できるぞ!」

と勧誘してきた。


演劇部といえばオタクのイメージがあったから入るのは相当抵抗があっ

たけど、結局兄貴の甘い言葉に誘われてしまった。  あはは。


その部活内容というのは、たまに集まって一時間くらい練習してその後

女の子を誘って公園で飲み会というものだった。


とにかくあの頃は居酒屋や公園、どこでも宴会開いて飲んでバカ騒ぎし

て、しょっちゅう吐いてたなー。


今じゃ考えられない。


先輩達は皆かっこよく、とてつもない笑いのセンスに度肝を抜かれ、

初めて年上の人たちに憧れたりした。


そんな演劇部、だんだん役者というものにも興味が出てきて、

卒業後には東京のミュージカルの専門学校に行くことになった。


それがタップとの出会い。


ここ数年よく思うことは、すべてはタップに導かれた という事。


高校受験に失敗したことも、ある専門学校落ちたのも、専門学生時代は

一度も欲しい配役がもらえなかったのも、ミュージカルのオーディショ

ンいっぱい落ちたのも、テーマパークで踊ってて倒れて入院したのも、

大好きだった彼女に振られたのも、


その当時ではもう人生の終わりと落ち込んでいた困難が、

全てタップダンスという光に続いていた。

まっすぐな道じゃないけど一本の道。

すべてが繋がっている。



ただの偶然だろうか。  とても不思議なんだ。


自分の人生振り返ってみた時、どう考えてもタップをやるようやるよう

軌道修正され、ここまで導かれてきたように感じてならない。


タップをやるために生まれてきた。  

そんな大それたことは言えないけど、もし自分がいつか一人前になれた

としたら言いたいかもね。 あはは。



とにかくタップを本気でやるようになったこの6,7年、自分の生活の

ほとんどをタップにつぎ込んできた。


失ったものは沢山ある。 後悔もある。


与えられたものもある。


かけがえのない仲間。 家族の絆。

そして人に感謝すること、人を愛することを知った。



でも何かを得るかわりに、大切なモノを失ってしまうような

そんな生き方はしたくないから、

この先はできるだけ自分の器を大きくするよう努力して、自分にとって

何が本当に大切なのかを見極めて、それを失わず、大きな荷物いっぱい

抱えてでも生きて行きたいな。



タップダンサーである前に一人の人間として正直でありたいしね。


そしてまた10年後に祝20年!なんて日記書いてたらこの上なく

幸せだ。


うん。

守るべきもの。 失ってはいけないもの。


人間が死んでしまった後に、本当に最後まで生き続けるのって、

肉体や物質じゃないと思うからさ。



There is nothing better than tap except people.


まさと

スポンサーサイト

コメント

10年かぁ・・・大事な一区切りだね。

大学卒業して、芝居をやめよう、と決めたとき、
父親に、芝居を続けろ!10年辛抱したら、なにか見えてくる・・・
みたいなこと言われたのよね。
それでもワタシはやめることを選んだんだけどね。
タップと出会って10年か。
これからの10年が、さらに充実することを祈りつつ・・・。
NYも春らしくなってきた?スウェーデンも、今年は春の到来が早いです。
【2007/04/12 20:39】 URL | aiko #EBUSheBA[ 編集]
masatoくん☆祝☆タップ10周年

すごいね、10年って人によって感じ方が違うかもしれないけど、サナはダンス続けて10年経ったときは、ただ、時間的に「あぁ、10年経ったなぁ」って感じがしてた。
けど、真人君がタップに出会って、そこからの10年はとても濃厚な☆10年☆だね。
真人君が過ごした時間は、辛いコトさえも糧になって、幸せな身になってる。
なんか感動したよ♪v-238
本当にそうだよねv-22
最後まで生き続けるのは魂だもんねv-259

これからも、頑張ってね!!

peace♪ and much love♪v-221v-238
【2007/04/13 01:54】 URL | Sana #-[ 編集]
masatoさん祝10年おめでとうございます。

僕は、masatoさんと知り合って長い時間を過ごしている訳ではないのですが
、masatoさんの人柄、繋がりを大切にする心、自分に厳しいことなど、たくさんの事を学びました。

僕も、tapをしていることや仲間に出会えた事が偶然ではないと思います。

masatoさんから教えてもらったことを又自分が人に伝えていくことが繋がりだと思います。

また20年30年とずーっとmasatoさんの熱い気持ちを人に伝え続けてください!!!



【2007/04/13 15:42】 URL | dai #-[ 編集]
タップがなかったら、うちら仲良しになってなかっただろねーーー笑。いつも思うけど。
高校生のまさとっちに出会ってなくてよかったよ、ほんと。笑
10年間おつかれさま、これからも誠実にタップと向き合っていけますように。おめでとう☆
そして、いつもありがとう、と伝えたいです。
【2007/04/14 07:21】 URL | しょ #-[ 編集]
タップの神様へ・・・
タップに出会わせてくれてありがと。
MASATOに出会わせてくれてありがと。
MASATOをこれからも宜しく!
私がそういってたよ☆って神様に会ったら伝えておいてよ☆
祝10周年。
願20周年。
【2007/04/15 02:38】 URL | JURI #miRxcu4c[ 編集]
あいこさん、
ありがとうございます。
確か高1の頃、最初に一緒に公園とかで飲み始めたのが開成のアイ子さんたちでしたよね。
とても楽しい日々でした。
アイ子さんは芝居をやめられたようですが、その際は色々な考えがあって、決断されたのだと思います。
大きな決断だったと思いますが、
今現在はスウェーデンで幸せな日々を過ごしてらっしゃると信じてます。
自分もいつも自分がハッピーでいられる場所を探しているだけなので、形は違えど気持ちは一緒ですよね。
いつかスウェーデンにも行ってみたいと思っているので、その時はよろしくお願いします。

さな、
ありがとう。
きっとサナの十年も素敵なものだったと思うけどなー。
うん。魂。
なんか人が死んだ後に残るものって、
名前だとか物質的なモノだったり色々あると思うんだけど、でもその人本人の意思っていうモノの方が強く残るんじゃないかと最近思うんだよね。
だから自分の持つ強い意思が後世に受け継がれたり、自分の子供に受け継がれたりしていくうちにだんだん
世の中が変わっていくんじゃないかなっと思ってる。
実際自分の父親の意思を受け継いでると思うしね。
だから人生短いし、どう生きていくか、もっと深く考えたいね。
また色々気持ち変わるかもしれないけど今はそう思ってます。
ピース。

ダイ君、
ありがとー!
自分の気持ちが伝わってるようですごく嬉しいです。
ダイ君はまだ19歳でとても若いけど、
俺もダイ君と出会って、人として学んでることはいっぱいあるんだ。
だからやっぱり必然の出会いだと思うよね。
19歳という若さは、宝だし、可能性のかたまりだから、この先もその調子でどんどん頑張っていってね!
俺も28歳、まだまだ可能性のかたまりだと信じてるしね。 負けずにがんばるぜー!
ピース。

しょうこちゃん、
ありがとー!
うーん、
高校生の頃の俺に会ってても、
大丈夫な気がするけどなー、、。
女の子には優しかったし、今よりも明るかったし、面白かったと思うよ!
あはは。
でもしょうこちゃんがNY来てなかったら仲良くなってなかったかもしれないよね。
こちらこそいつもありがとうね。
感謝してます。
まさと

ジュリさん、
どうもありがとうございます。
じゅり先生が、昔Jタップでのショウで自分にアカペラのソロやらしてくれた恩は一生忘れません。
そしてクラスでもいつも楽しく躍らせてもらったり、気持ちをノセてもらったり。
このノセて貰ったというのは、
とてもいい意味で、色んな言葉ですごくいい気分にさせてもらったというか、
自分があたかも才能があるよう錯覚してしまったというか、、。
今まで言ってなかったですが、
本当にレッスンが楽しかったです。
あの頃Jタップに通ってなかったら、今の自分はないと思います。
本当にありがとうございました。
そしてまた東京に行った時はお会いできると思うので、その時はよろしくお願いします。

まさと


【2007/04/16 13:32】 URL | masato #-[ 編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

MASATO NISHITANI

Author:MASATO NISHITANI
New York でタップダンスやってます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。