自由な街で、自由であるために、踊り続ける in NY
New YorkでのTAP活動の様子、皆に役立つ情報なども載せていきたいなー。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芸術家

ご無沙汰してます。


気づけばもう11月。



最後にブログを書いてから2ヶ月近く経とうとしている。


相変わらず元気にやっています。


NYでは気温が下がって雪が降ったりもしたけど、ここ2,3日は比較的

過ごしやすい気候が続いている。



11月からは前住んでたルームメイト2人が出て行き、新しい2人と暮らしている。


S kun


前のルームメイトの一人、ヘアメイクをやっている斉藤君。


NY来てから色んな人と住んできたけど(たぶん10人くらい)、彼はその中でも

最高のルームメイト。



2年間一緒に住んで、いい時間をいっぱい過ごした。


だから彼が引っ越すと聞いた時は寂しかったし、思いのほか胸が痛んで色々

考えてしまう自分がいた。



彼とはよくキッチンで夢を語って過ごした。


なんか同じジャンル同士だと恥ずかしくて言えないことも、他の事をやっている

人には言えてしまうこともあったりする。



彼とよく1、2時間くらいあーだ、こーだとお互いの今のこと、将来の事を語った。



でそろそろ寝よっかー、と部屋に戻るんだけど、その度に以外といつも頭が

スッキリして、心にもやる気がみなぎっているのに気づいた。


そして夢を語るっていうのは人に語っているようで実は自分に言い聞かせている

ということに気づいた。


なんだー、また自分に言ってたのか、って感じ。



人に自分の考えを話すというのは自分の頭の中を整理できて自分の気持ちも

確認できて、人間にとってとても健康的で、大切な行動のような気がする。



斉藤君はいなくなってしまったけど、また一人いい人が来てくれた。




上の話と同じようで違うんだけど、先日知り合いのダンサーと話す機会があった。


その時にその人は友達とはダンスの話はしないと言っていた。


ダンスだけの人にはなりたくないということだった。


なるほどー。 と思った。


他のダンサーでも似たような話を聞いたことがあるし、会社が終わった後はもう

仕事からは頭を切り離すという人の話もよく聞くことがある。


人それぞれ物事に対する向き合い方は違う。



そんな話をした次の日、タップの練習をしてる最中にまたなんかこの話が頭に

浮かんできてしまった。 「ダンスの話はしない、、。」



そしてそれと同時に少し前に新聞のコラムに書いてあった言葉も浮かんできた。



なんかその二つの言葉が頭の中を行ったり来たりした。



新聞の言葉は、「お、なかなかいいこと書いてるな-、覚えておこう。」と

思ってそのとき写真におさめた。



なんか画家の人が師匠からもらった言葉らしい。



こんな感じ


画像 354



「どうしてもやりたい、やむにやまれぬ気持ちがある人だけが芸術家になるんだよ。」



色んな考えの人がいていいと思うんだけど、自分はこっちの言葉がしっくりくるなー、

と思った。




きっと四六時中自分のやってることばっか考えて、なりたくてなりたくてどうしようも

ない人がダンサーになる。 ミュージシャンになる。 画家になる。 写真家になる。



そんな気がする。




もちろん他の職業でも、、。





明日は前回のブログで書いた竹原ピストルがNYでライブをやる。

値段はたったの$12。



今からわくわく!!






まさと


スポンサーサイト

コメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2012/07/14 19:18】 | #[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
【2012/07/20 11:40】 | #[ 編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

MASATO NISHITANI

Author:MASATO NISHITANI
New York でタップダンスやってます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。