自由な街で、自由であるために、踊り続ける in NY
New YorkでのTAP活動の様子、皆に役立つ情報なども載せていきたいなー。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東北関東大震災 2

新聞ではもうほとんど岩手県、宮城県などの被災地の様子はわからなく

なってしまった。


もうずいぶん前から福島原発、管政権のことばかり。


日本のテレビではきっとそうじゃないことを願っている。



今回の地震に関して海外に住む自分と日本に住んでいる人々とでは捉え方、

感じ方もずいぶん違うと思う。



こちらではインターネットを通じて津波の映像や被災地の写真を沢山見みたり

活字を通して知ることはできるけど、それだけ。



日本の人達は今も余震が続くなか生活し、

地震があった当初はテレビでも延々と地震に関する情報が流れていたと思うし、

東京がゴーストタウンのようだった、という話も聞いた。


だから何も実際に体感してない自分が地震に関してとやかくいう立場ではない

と思ったりもする、、。



今の日本の本当の様子はいったいどんなだろう?




最近、被災地で生活してる子供達の写真を何枚も見た。


子供達の無垢な笑顔は何か自分の胸に深く突き刺さるものがあった。

被災後にもかかわらず見せるその笑顔からとてつもないエネルギーを感じた。


なんか子供達の心の奥底には「未来への希望」という想いがどの子にも無意識に

潜んでいてそれがここまでのパワーを発しているのではないかと思ってしまった。


考えてみると自分が子供だった頃も夢いっぱいで将来の不安なんて感じたことも

なかった。



そんな子供達の笑顔を見てると、自分らが豊かで美しいこの日本を受け渡してもらった

ように次の世代にも同じように希望のもてる明るい未来のある日本を引き渡していくのは

自分らの使命のように感じた。


こんなことを写真を見て思うようになったってことは自分も歳をとったのかなー、、、。


いつかは俺達の世代が国を動かす日もやってくる。




今、日本は国民が一丸となって再建に向けて頑張っている。


国民一人一人が日本という国を考え、国民を想った。



とても素晴らしいことだと思う。

ただこういった国難になってやっとこうなったというのは少し複雑な心境だ。




地震が起きるずーっと前から日本という国はまさに混迷の極みに達していたと思う。


少し前の政治では、前原外相の外国人献金発覚からの辞任、その後すぐの管首相の

外国人献金発覚。


領土問題でも、尖閣諸島、竹島、ロシア副首相の北方領土の訪問、沖縄の問題。

日本は軍隊を持たないから全く何も進展しない。(自衛隊は軍隊だけど規則で

がんじがらめで思うように動けない。)なめられっぱなし。 拉致問題も。



ほんと海外からでもこの先の日本はいったいどうなっていってしまうんだろう、という

不安、そして嘆かわしい気持ちでいっぱいだった。


そしてそんな思いがピークに達している時に今回の地震は起こった。



日本は戦後、国家や共同体というものを否定してきた。


でも今回の天災で顕現してきたものはそれだった。



日本人が一度失ったもの、でも本当に必要だったものなのではないかと思う。


歴史観、国家意識、いろんなものを取り戻して守っていかなければならないと

おもう。




自分は国歌というのを教わらない北海道で育った。

普通、国歌は学校で習うものだと知ったのは30歳を過ぎてからだった。


日本人としてとても恥ずかしかった。


昔よくボクシングの世界大会で観客が起立して国歌斉唱しているのをテレビで

見て、いったいみんなどこで覚えてるんだ?どこで知ったんだと不思議に思って

いた。



アメリカで自分の宗教を聞かれた時、よく日本人は無宗教なんだよと答えていた。

それも今考えるととても恥ずかしいことだと思っている。

信じるものが何もなく国が建国されていくわけないのに。



でもそういったものも含め、それは自分達が日本人としての教育を全くされてきてない

からだと思う。


今後はそういったものも見直されていくべきだと思う。




自分は海外に来てから自分が日本人だということを強く意識するようになった。


日本のことも少しは学ぶようになったし、本当に日本で生まれ育ったことに感謝し、

日本人であるということに誇りを持つようになった。






日本は本当に素晴らしい国です。







まさと



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

MASATO NISHITANI

Author:MASATO NISHITANI
New York でタップダンスやってます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。