自由な街で、自由であるために、踊り続ける in NY
New YorkでのTAP活動の様子、皆に役立つ情報なども載せていきたいなー。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バイオリン

昨日はなぜかバイオリニスト五嶋みどりの夢をみた。

なぜだろう。

本や映像でしかしらいない人なのに不思議な感じ。


彼女が操縦する飛行機に乗ってそれが垂直に上がっていきめっちゃ怖いんだけど、

最終的には無事目的地に着く。  みたいな、、。





正直昔はバイオリンという楽器はちょっと近寄りがたい気がしてあんまり聞いたこと

なかったけど、最近はとっても美しい音色だなー、と思うようになりよく聞いている。


彼女のように神童といわれ育つというのは羨ましいようで大変なんだろうなー。



よしっ、あとで夢占いじゃ!



まさと


スポンサーサイト

そうるパワー

sa.jpg


タップダンサー

セイビオン・グローバー。


彼と同じ時代に生まれてきただけでとてもありがたい事だと思っていた。


オーディションで彼の前で踊って初めて真正面からじーっくりと自分の踊りを見て

もらった時はもう俺のタップ人生これでいいじゃないか? とさえ思えた。

もうやりのこしたことないないかなー、と。


すべてを出し尽くした俺はとてつもなく大きな充実感と、うまくできなかった悔しさで

胸いっぱいになった。



「Sole Power」
ジョイスシアター残り2日。

頑張ります。


ちゃすっ!!


まさと

必然

ワールドカップ、日本代表の方々お疲れ様でした。




竹内まりや「元気を出して」

名曲です。


1998年、元日本代表の三浦知良がスイスの合宿で代表をはずされ帰国。
その航空機内で流れていて妙に印象に残った曲だそう。


ワールドカップが始まると普段サッカーに興味がない人も注目し、テレビに噛り付き、

国民が一丸となって応援する。 そんなビッグイベント。


今はそれがあたりまえ。 でも一昔前まではワールドカップに日本人が出て、日本人が

それを応援するなんていう姿は夢物語だった。


でもそんな姿を信じて疑わず、子供の頃からワールドカップを夢見て日本サッカー界を

牽引してきた男、それがカズ。


ブラジル選手権に出場したプロ選手、二度のワールドカップ最終予選を戦い抜き、

日本サッカー界に尽くしてきたそのカズが最後の最後、夢まであと半歩というところで

届かなかった、その時の気持ちはいったいどんなだったろう? 


想像を絶するものがあると思う。


あの時、日本中が騒いだカズ代表落ち、それは当時10代だった自分にとても強烈な

印象として残った。


その後、なんか自分に辛いことがあったり、オーディションに落ちて落ち込んだ時

なんかも、カズの受けたショックに比べたらこんなの全然たいしたことない! 

っとよく自分を励ましてたのを覚えている。



最近とても気になる言葉がある。


それは「世の中のすべては必然である」、とか「物事はすべて理由があっておこる」


という類の言葉。



昔はそんな言葉気にも止めなかった。

自分の人生振り返ってみて、そう思えることもあるし、特に自分にとって何か

いいことがあった場合、それは起こるべくして起こったなんて思いたかったりする。


でも最近は人々が、自分や他人の身におこる出来事をただの必然として当たり前の

ように受け止める姿に疑問を感じるようになってきた。



「物事は必然で起こる」という言葉に人々は何も疑問を持たなくなってきてる気がする。


特に何か自分に不本意な出来事があったとき、

「これには何か理由があって起こったんだ」と自分を励まし、他人は人をそう

なぐさめる。 


人々は口々にこの言葉を発するようになってしまったように思う。


本当にそうなんだろうか?



2002年サッカー選手、中村俊輔が代表落ちしたときのトルシエ監督の理由は

「俊介がいるとベンチが暗くなるから」だったらしい。

とても残酷だ。



そんな出来事を「これにはきっと何か理由があるはず」と誰が慰められるだろう。


その後彼はヨーロッパに渡り、活躍し、MVPもとって注目を浴びた。


世間的には人生のちょうじりが合ってるように見えるけど、それはなるべくしてなったん

じゃなく、彼の壮絶な努力によって勝ち得たものなんじゃないかと思う。


そんな未来が待っていたから代表に落ちたんでなく、彼の意思がそういう結果を

もたらしたんだと思う。



43歳、いまだ現役のカズの今後にも注目している。

「全日本をワールドカップに連れて行きたい」そう言ってブラジルから日本に帰ってきて

8年がかりでそれを実現した男。


そしてピッチに立つことはなかった。 


そんな彼は今回のワールドカップをどんな気持ちで見ているんだろう。



人生には必然もあると思う。 偶然もあると思う。

そして人智が及ばないことも沢山ある。





そんなたわいない今日の小言。


まさと


プロフィール

MASATO NISHITANI

Author:MASATO NISHITANI
New York でタップダンスやってます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。