自由な街で、自由であるために、踊り続ける in NY
New YorkでのTAP活動の様子、皆に役立つ情報なども載せていきたいなー。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近況



今日松葉杖がとれました。

嬉しいなー。


最近は妙に踊りたい衝動に駆られて、昔の自分のビデオ引っ張り出して

見たり、人のビデオ見たりしてる。



こんな自分だけど、タップがなくても幸せに生きられると豪語してた

時期があった。タップがなくても愛に満ちた生活を送って幸せであれる

と感じてた時があった。


NYに住み始める3年前、実家の札幌で半年間過ごしてた時期があった。

毎日音楽スタジオ通って練習して、帰ってきて実家の美容室で練習し

て、週一度自分で開いたクラス教えて、週一度ミュージシャンの人達と

仕事する。 そんな生活。


それ以外は家族と過ごした。

とにかくその家族で一緒にいる時間がとても幸せでね、父親が病気だっ

たって事もあったからもしれないけど、その高校卒業して以来の家族

団らんの日々にこの上ない幸せを感じた。

このまま時が止まらないかなーって。

ただリビングに寝そべって一緒にテレビ見てるだけなんだけどね(笑)


そんなあたり前のようなんだけどかけがえのない日々。


何ヶ月後かにはタップのためにNY行く事決まってたんだけど、

なんでこんなに幸せな日々を送っているのにわざわざNY行くのかなー?

って考えて、

なんて人は欲深いんだろうなーっと思ってた。

でもなんで自分がタップを求めているのか、心の奥底ではわかってる

気もしてた。


そういうタップ以外のところで大きな幸せ、

土台があるからこそ他にも目を向けれるというのもあると思う。




うん。

結局何が言いたいかというと、今踊れない自分がいて、

踊りたい自分がいて、

三年前に感じていたタップへの想い、

目の前にある幸せとは別の部分で感じるタップへの想い、

それはなんか理屈じゃないような気がしてね。


自分にとってタップを踊るということは魂の意思。

自分の魂にとって自然な状態な気がするんだよね。

踊ることによって魂と肉体が融合するような、そんなクサイ言葉が

自分にとってしっくりくるなーって思うんだ。


うん。だからまた精神的にも肉体的にも今以上にリラックスできる

ように、また踊れるように日々努力していきたいと思う。

そしてタップダンスというものに出会えた事に改めて

ここで感謝したい。


ありがとう。


ピース。









スポンサーサイト

プロフィール

MASATO NISHITANI

Author:MASATO NISHITANI
New York でタップダンスやってます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。