自由な街で、自由であるために、踊り続ける in NY
New YorkでのTAP活動の様子、皆に役立つ情報なども載せていきたいなー。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アーティストビザ PART 2

おかげさまで前回このブログで準備中と書いたO1ビザ、俗にいうアーティストビザの

申請が承認されました。


応援してくれたくれた人達、協力して下さった方々、本当にありがとうございました。

深く感謝しています。


とにかく弁護士を雇わないで取れたのがとっても嬉しい。


ビザ、グリーンカード申請=弁護士という体制に前から疑問を感じてたし、

何よりもせっかくNYに4年半もいるんだから、なんとかしてこれまでタップを通して

築いてきた人脈を活かして取得できないものかとずっと考えていた。


その分、多くの人を巻き込んで協力してもらったし、自分のために多くの時間を費やして

くれた人もいました。


本当にありがたく、感謝しています。



弁護士を雇ってあっけなくビザを取ってしまう人もいれば、弁護士がこれだけの資料、

経歴があれば100%取れると太鼓判をおしても取れなかった人もいたりするので

このビザ取得に関しては、運も大きく左右するように思います。


新年始まったばかりだし、幸先いいスタートです。


ヤッター。


まさと





スポンサーサイト

アーティストビザ

日本はオリンピック大盛り上がりでしょうか?


いやー、スポーツ観戦大好きな自分にとっては結果だけを

新聞やヤフーニュースの活字で追う日々がとても歯痒いです。 


でも活字だけを眺めていると、メダル取れなかっただけで

「5大会ぶりメダルなし」とか「惨」の文字で表現されていたり、

逆にメダルとれたら「伝統守った!」

なんてどうでもいいこと書かれてたり、、。 


とにかく「メダル獲得か否か」に着目してして書かれている記事に

とても疑問を感じますね。


次のオリンピックは日本で観戦して肌で目で選手達を実感して

応援したいものです。



話は変わるんですが、前に3ヶ月ほどブログをほったらかしていた間に

一生懸命取り組んでいたことが一つあります。


それは俗に言う「アーティストビザ」、O1ビザの申請です。

といってもまだ準備段階ですが。


簡単に説明すると、アメリカで長期で滞在する時、たいていの場合は

ビザというものの取得が必要になってきます。


一番手軽に、多くの人が一番初めに取得を考えるのが学生ビザと

いわれるF1ビザでしょうか。 でもこのF1というのでさえ、書類に沢山

のことを書き込んだり、無意味な面接に行ったりでけっこう面倒くさい

です。


そしてこのビザを取得してアメリカに入国してもこのステータスを

キープするためには、学校に通い続けなければならないので自分の

ようにタップをしに来たり、目的を持ってきた人達には時間のロスに

なる場合もあります。


まあ実際は学校に行かずイリーガルで滞在している人もいっぱい

いますが、、、。


そこで便利なビザの一つ、こっちで法的に仕事をしながら滞在できる

という優れモノビザ、O1ビザの登場です。 


これを持っていればやりたいことに集中できるし、学校に行かなくても

こっちに滞在できるし(まあ英語の勉強は好きですが)、

お金を稼いでも大丈夫です。(条件はあるようですが。)


そしてこのビザは「科学・教育・芸術・ビジネス・スポーツの分野で

国際的に卓越した能力保持者を対象」と建て前的には

言われていて(笑)、今までの自分の実績を証明しなければ

なりません。


とにかく沢山の資料集めから資料作成とやることが多くあり、

たいていの人は弁護士を雇い30万ー50万くらいのお金を払って

やってもらいます。



周りでこのビザを取った友達はみんなだいたい準備から申請までに

1年くらいかかったというので、

「よーし、じゃあ俺は3ヶ月でやってやろう!」

と思い、気合で取り組んでいました。 でも結局今3ヶ月目に

突入です。 


80%くらいは準備できているんですが、とにかく英語も専門的な

モノが必要で、かなり莫大な量を友達にも協力してもらいながら

やっているのでなかなか進みません。


でも以前に同じビザを取った何人かの友達は、

当時彼らが作成した資料を参考のために全て快くみせてくれたり、

コピーを取らせてくれたりして、沢山の協力も得ています。


そして自分の場合は弁護士に払う金なんてなく自分でやっている

ので彼らなくしてここまで準備を進めることはできませんでした。

ほんと持つべきものは友達と人脈だなーとしみじみ感じます。


準備が終わっても申請して結果が来るのに1ヶ月から3ヶ月は

かかるそうです。 そして$1000という大金を払えばスピード審査と

いうことでそれを2週間以内にやってくれるそうです。

ほんとこの国は何なんだろ? って感じですが!!(笑)


万が一申請の許可が下りたら、ビザのスタンプをもらうため日本に

一時帰ることになります。


とにかく自分はその日を夢見て今日も申請のため、ちょっとづつ

資料作成しています。



自分は今のところ3年ほど日本に帰ってないので、かなり日本食や

温泉が恋しいです。 まあもしビザの許可が下りなかったとしても

今年中に一回くらいは日本に帰っていっぱうまいいラーメン食ったり、

びっくりドンキー行ったり、回転寿司いったり、2,3週間くらい家で

家族と「ぐでー」っとしたいなーっと夢は膨らみます(笑)



ピース。


以上まさとのビザ講座でした!!!!(汗)


追伸

O1ビザはその後、無事に取得できました。 そしてすでに3年のビザの期間を終え、

1年の更新手続きをしました。 それも弁護士なしでできました。 

NYに住みO1ビザを取ろうとする人はとにかく色んな情報に振り回され、固定観念に

縛られている印象を受けます。


O1ビザ=弁護士  ではないということは知っておいて損はないと思います。


上記の過去の文章、なんか表現も若くて今読み返すとちょっと恥ずかしいですね、、。


2012 6月27日。

まさと 

プロフィール

MASATO NISHITANI

Author:MASATO NISHITANI
New York でタップダンスやってます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。